精密機械技術者になる為の道

精密機械技術者を目指せる大学の選び方

精密機械技術者が造るもの

精密機械技術者になるためには

そもそも、「精密機械技術者」という名前の職業は存在しません。その名の通り、精密機械を設計・研究・開発する技術者たちの総称です。それぞれ研究対象によって仕事内容は変わりますが、精密機械技術者になるのに免許や資格などは必要ありません。
ですが、その方面の仕事に就くための最終学歴として高卒や大卒などがあるので、大学などで電子・電気・機械・光学関連の知識を学んでおくのが良いでしょう。
仕事に就くだけならば免許や資格はいりませんが、その分野での自分の技術認定として、「メカトロニクス技術認定試験」というものがあります。
また、この分野に関連した資格もあります。「機械検査技能士」という資格で、こちらは国家資格の技能検定制度の一種です。

精密機械技術者になるために必要なもの

精密機械技術者を目指して勉強をする中でも、様々な方面への職種があります。
機械設計者や、ものづくりエンジニア、CADを使って設計をするCAD技術者などがありますが、各種それぞれの分野での知識・技術が必要なのはもちろんです。
また、その名の通り精緻な機械類を扱うため、几帳面で整理整頓が得意な方が、向いていると言われています。
ですが、それらの多くの仕事では、個人で仕事をすることは少なく、チームでの仕事が要求されます。そうなると、精密機械技術者になるにあたっては、知識技術だけではなく、他人との協調性・コミュニケーション能力、あとは出来ればリーダーシップを持っていることが、最も重要であるとも言えるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る