精密機械技術者になる為の道

精密機械技術者を目指せる大学の選び方

それぞれの学部から進める進路

工学部の就職先

工学部の中での学科は主に、建築系、化学系、電気系、機械系などに分けられます。具体的には情報工学科、土木工学科、機械工学科、電気電子工学科などがあります。工学部の中に、宇宙航空理工学科という学科がある大学もあります。
建築系では測量士や技術士の資格が得られます。
化学系では金属や有機・無機物などの研究を行う為、ナノテクノロジーやエネルギー関連の仕事に就く方が多いようです。
電気系では情報通信や回路、システムなどを学び、電子回路やコンピューターの開発、または電気会社への就職筋があります。
機械系では電車やロケットを設計する仕事がある他、自動車整備士などの資格も得られ、最新鋭の車の設計などの仕事に就くことが出来ます。

理工学部の就職先

理工学部の学科の中には、建築学科や電気電子工学科、機械工学科など、工学部と共通した学科も多く存在します。勉強内容は大きく変わりはしませんが、工学部ではより実践的な企業で使われるような技術を、理工学部ではより理論的な勉強をする傾向があるようです。実際にものを作りたいか、研究を重視したいかで、選ぶ事が出来ますね。
また、数学科や物理学科などの、理工学部にしかない学科も存在します。
就職先としては、工学部と大体同じような方向性で就職出来ますが、それぞれの学問をより突き詰める研究職に就く方も多いようです。
また、理工学部では論文などで英語を使うため、一年生では基礎知識として英語や数学、物理などを勉強するので、それらの教職に就く道もあるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る